ブログ

「グループ通話」機能を使うと 、仲間が目の前にいるような感覚

「グループ通話」機能を使うと 、仲間が目の前にいるような感覚

Feloは、従来のトランシーバーの機能を、Feloのグループ内で1対1で復元します。グループで「グループ通話」をオンにすると、音声チャンネルを作ることができます。

「グループ通話」のメリットについて、以下のとおりでいます。
- 仕事の効率を上げ、常にバックグラウンドでハングアップし、いつでもコミュニケーションがとれます。
- コミュニケーションの自由、いつでも会話に参加し、いつでも閉じることができます。
- 経済的かつ実用的、音声チャンネルを備えているため、電話とパソコンをインカムとして使用することができます。
シナリオ:
旅行会社経営者:「グループ通話」を使うのにふさわしい場所とは何ですか?
ホンソウ太郎:「グループ通話」はいろいろなところで使えます。 テレワークで、「グループ通話」を使って同僚を招待し、最大17人のメンバーが同時に発言できるようにサポートします。数百人が参加するゼミーで、「グループ通話」を使い、全員が発言者の声をはっきりと聞くことができるようにします。 大規模なホテルでは、問題点を正確にフィードバックするために、インスタントメッセージと組み合わせて「グループ通話」を使用します。他にもいろいろな使い方があります。
旅行会社の経営者:社内スタッフだけでいいのでしょうか?
ホンソウ太郎:もちろん、そんなことはありません。ガイドも旅客も両方が使用できます。ガイドが注意力が集中していない旅客に遭遇したり、脱落した問題に遭遇した後、このように解決することができます。まず携帯電話にFeloをインストールし、グループを作って「グループ通話」を使います。旅客がヘッドフォンをしてガイドの話を聞き、聞き取れない場合は携帯電話の音量を調整します。脱落の問題が発生した場合は、グループトーキーでリアルタイムにガイドとコミュニケーションをとることができます。

テレワークで、「グループ通話」を使って同僚を招待し、最大17人のメンバーが同時に発言できます。
数百人が参加するゼミーで、「グループ通話」を使い、全員が発言者の声をはっきりと聞くことができます。
友達と一緒にゲームをするとき、「グループ通話」を使って高品質な通話を行い、チームメイトとの連携を高めます。

テレワークで、仕事のグループに入り、「グループ通話」を使い、同僚を招待します。いつでも発言できるので、同僚と課題などを話し合うことができます。
研究会で、報告会のグループに入り、「グループ通話」を使い、クラスメートを「グループ通話」に誘い、順番にマイクをつけて発言できます。遅刻した生徒はみんなに迷惑をかけずに直接「グループ通話」に参加することができます。

グループ通話機能の紹介ビデオ